乾きについて ~水の飲み方~



整体に見えた方の背骨を観察するとその人にとって飲んでいる水が足りているかいないかすぐに分かります。骨が乾燥し筋肉にも潤いや弾力がなくパサパサしている感じが手に取るように分かるからです。専門的なことを申し上げますと、胸椎5番と10番が飛び出てくるのですが風邪の時もそのような身体になります。
秋分から春分にかけておちょこで飲むつもりでお水をちびちびと飲むようにします。一気に飲むと一気におしっこになって出てしまうからです。身体の半分以上は水分ですが空気が乾燥して肌がカサカサ、唇がパックリと割れるとリップクリームや保湿剤を買って外から補うのに必死でも足りていないから飲もうという発想にはなかなかならないようです。私も以前はそうでした。

また飲むものも珈琲や紅茶、お茶を飲んでいるから水分を取っていると思っている方が多いのですが、実は細胞よりも珈琲や紅茶の成分の方が大きいので、飲んでも出るだけで体内の水分として取り入れにくいのです。
愉しみとして飲んで頂く分にはとても良いことです。私たちも朝は珈琲や紅茶を良く飲みます。飲んだ後はその2倍の水を飲むようにしています。なぜなら珈琲やお茶は身体の外へ出る時には体内の水分の2倍を引きつれて出て行くと言われているからです。なのでちびちびと飲むこと1ℓ~1.5ℓプラス珈琲やお茶を飲まれましたらその2倍を飲むことをお薦めします。
空気が乾燥すると肌や常に潤っているところからどんどん蒸発します。飲んだ水が追いつかないとどうなるでしょう。目が乾くので目が疲れやすくなります。目の疲れは首へ、首から肩へ、肩からついに腰まで行ってしまっている酷い乾燥状態のお身体にもお会いしたことがあります。その方は夜はビールか焼酎、昼に水なんて飲まないよ夜のビールの最初の一口まで喉をカラッカラにしておくと美味しいからね、と仰るので寿命よりも早死にしたくなかったらお水を飲まれることをお薦めします、とお伝えしました。しばらくして気を付けて水分を摂っているよ、と仰るようになった。それでも乾燥してるので、それ本当にそれお水ですか?まさかお茶ではないでしょうね、と聞くとペットボトルに入った2ℓのお茶を言われたから水の代わりにせっせと飲んでるよ、とのことでした。水分と水は違います。どうぞ水を飲んでください。

身体が乾燥すると身体にとっていろいろと不都合なことが出てきます。先ほどお話した目の疲れもそうです。目の疲れは全身疲労に感じます。そして血がつくだ煮のように濃くなります。その分血圧も高くしないと血が行き渡らなくなります。鼻水が濃くなり、出にくなります。痰も濃くなり切れ難くなります。足が攣るのは内臓の問題もありますが、水分が足りなくてもそうなります。唇が乾いて切れるようでしたらもうミイラのような乾燥状態であると思ってください。とても素敵なバロメーターになります。

夏は必要以上に水分を取ると無駄な汗となって内臓に負担がかかります。摂らなくても飲み過ぎてはいけません。秋になり乾燥すると水分を吸収しやすい身体になります。その時期を狙って水を飲むわけです。夏は汗となって体外へ出ていたものを、秋はおしっことして出す必要があります。水を飲まないでいるとおしっこも少ないので尿酸が排出されずに余ってしまいます。その余った尿酸は胃酸へと化け胃痛を起こします。毎年冬になると胃が痛いと言って整体を受けに来られる方がいましたが、水が足りていないせいなのです。秋口からせっせと水を飲んでくれれば痛くならずに済みます。水と聞いただけで震えあがり身体が冷えちゃうから飲まないわ!整体で何とかしてちょーだいという訳です。身体は本人が変わろうと思わないと変わりません。そしていくら整体を受けて頂いても吸収しやすい身体に持っていくことはできても、残念ながら水を飲んだ代わりにはならないのです。
胃が痛くなってからせっせと水を飲んでも間に合いません。

また別の方で1月になると咳の風邪になり、咳が止まらないと言う方がいらしゃいます。秋を過ぎると水を飲むよう毎年お伝えしてもどうもお茶の方がお好きなようです。秋から水を飲まれて充分に潤った身体を育むとこの時期の咳を長引かせるのは難しいでしょう。

今までそんな飲み方知らなかったわ、という方でも今から充分間に合います。今まで少ない水分で身体は悲鳴を上げながら上手くやりくりして来ました。昨日コップに1杯の水も飲まなかった人が急に1ℓの水を飲むと勿論トイレが近くなります。最初はせっせとトイレへ行ってください。諦めずにコツコツ水を飲みましょう。だいたい2週間くらいで身体が変わって来ます。水が足りて来るとそう頻繁にトイレへ行かなくても一気に出るようになるので回数は少なくて済むようになります。また飲む水が少な過ぎてもトイレが近くなるんですよ。尿酸が出来上がる前にトイレへ行きたくなるので行っても少ししか出ない、でもまた行きたくなるということが起こります。

ちびちびと飲む習慣を付けて頂くのは勿論ですが、ちょっとしたコツがあります。乾燥し始めた秋は真冬の本格的な乾燥に向けての準備段階だと思ってください。吸収力もそんなに一気に上がりません。なのでおみそ汁やなべ物といった塩気のあるしょっぱい汁に助けてもらいましょう。何事も取り過ぎは良くないのですが、塩気のある汁を取ることで喉が渇きます。そこでいつもならお茶を飲んでいたかも知れませんがそれを水に変えてください。吸収力が上がります。

1月を過ぎたら常温の冷たい水の方がよく吸収します。師匠は氷を入れて飲まれていました。これもガブガブ、ゴクゴク飲まれると身体が冷えてしまいますが、半口づつ飲まれる分には冷やすことはありません。

野口整体と出会って一番変わったことはこの時期良く水を飲むようになったことです。そのお陰で唇が荒れて困るといった事はありません。昔はリップが手放せなかったのです。

認知症は長年の身体の脱水症状とも言われています。真夏に暑過ぎて何も考えられない気力も無いということを経験された方もいらっしゃると思います。脱水症状を起こすともうろうとしてしまいます。そんな中で何かを覚えたり言われたことを理解したりするのは難しいと思います。認知症と診断された方の大半が脱水症状だとしたら・・・。

ある認知症の方の施設では入院されると水を一日1.5ℓ飲まされるそうです。毎日来る日も来る日も1.5ℓ。そうこうしているうちに認知症がすっかり改善されて退院された方が続出したそうです。

おしっこが近くなるから嫌だわ、身体が冷えるから考えただけで嫌だわ、1・5リットルなんてとても飲めないわ・・・飲まない理由はいくらでも後から付けることができます。

岡田さんは「この時期いっくら行っても水を飲もうとしない人の身体は整体したくない」と言いました。それだけ水を飲むとそれだけで変わる身体が多い。そして飲まない人、自ら変わろうとしない人は変わらないことを人のせいにしたがるのです。
不思議とそういった方は来なくなり、今は知らなかった!せっせと飲むわという方が増え大変に助かっております。

おしっこ近くなっても身体が良くなるんだったらその方がいいわ!1.5リットルなんて一日かけるんだもん以外とあっという間で気が付いたら飲んでるのよね、肌の調子もいいわ。
という方の肌の瑞瑞しさ、美しさ、快活さを見てもらいたいくらいです。

心が素直な方は身体も良い方へ変わりやすいというのは実感としてあります。この時期誰にでも水を飲むようにお伝えしているわけではなく、身体がSOSを出し水が足りてない!と悲鳴を上げている身体の方へせっせと飲むようにお伝えしております。

水をちびちび飲む、というこの上ないセルフケア

変わろうとする意思のある方の身体は変わります。
20年後30年後の肌が愉しみですね。


水1リットル   30万円 水瓶 80万円にて販売。
なんて商売はしていません。ご自宅で手に入る水で試してみてください。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

せいじゅ

Author:せいじゅ
愛知県岡崎市十王町2-10 最寄駅 名鉄「東岡崎」から徒歩10分 国一沿い 岡崎市役所隣 P有り 木曜定休

腰痛、肩こり、月経前症候群(PMS)、花粉症、身体が重い、なんとなくスッキリしないなど何でもご相談ください。赤ちゃんからお年寄りまで受けられるバキボキしない安全な整体です。産前産後の指導も行っております。(産後のみの整体はお断りいたします)

お電話にてご予約をお願いいたします。
0564-22-5113

<受付時間>9時から18時まで。(時間外のご予約もお気軽にご相談下さい。)
・整体 4千円 
・アイロン温法 4千円 
・穴追い 4千円
初診料なし

<健康教室>
毎週土曜日13時30分~15時30分
自動運動を中心に、セルフケアや季節の体操をお伝えします。
要予約 2千円


「氣道協会」関連教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR