みなさんに感謝した日

木曜日はいつもはだいたい寝て曜日なんですが、昨日は吉良に出張へ行く日でした。

いつもは旦那さんが担当しているのですが、商売道具である大事な手を痛めてしまい、急きょ私が担当させて頂くことになりました。

行きの電車でがっつり寝てしまい、降りるはずの終点で気付かずにいたところ奥様方が、

「終点かしら?終点かもよ」。と言って声をかけてくださいました。

そのまま寝て折り返していたら、予約時間に間に合わなくなるところでした。

危なかった。

「助かりました!ありがとうございます!!」

笑顔で別れました。

旦那さんの代わりなのに、私に会うことを愉しみにしていた、と仰ってくださる方がいて嬉しかったです。

手がアイロンみたいに温かいから、何か特別なヒーラーなんじゃないかとか真顔で言ってくださる方がいましたが、

「まさか!稀に見る凡人ですよ。誰にでもできます」と答えました。

整体の型はお稽古が必要ですが、本当に。特別なことなんてひとつもない。誰にでもできることなんです。ただ、そのことを忘れてしまっているだけ。

帰りの電車でも寝てしまいました。

気が付いたら、スーツ姿のお兄さんの肩をお友達レベルでがっっつり借りていました。あわわわわ。

快く貸してくださったお兄さんに感謝。

寝起きは全く声が出ないので、両手を合わせて「失礼しました(よだれは垂れていないはずです)ありがとうございます」と目を見て拝んでみました。

気が付いて会釈してくださった。大人だ!

知らない皆さまの温かさに振れ、沢山助けられた日でした。




スポンサーサイト

おじじと散歩



近所のお寺の藤がとても綺麗だったので、おじじとお散歩へ行きました。

小さな敷地に鳥居の数がやたらと多い。不思議なところでした。

夜は提灯でライトアップされて綺麗です。



なんだかえらい遠くまで旅行に来たみたい。



犬のさすけくん。

わんわん元気よく吠えて存在をアピールしていました。

いつものように
「咬む?」
と聞いてみた。

「咬まない」
と答えたので、撫でてみたら懐いてくれました。

奥から女性が出て来て、
「この子、友達が少ないの」
と教えてくれました。

こう見えて、ご高齢だそうです。
顔色も良くて元気そう。
足腰もしっかりしているね。

また遊びに来る約束をしました。



犬同士の挨拶を心得ているおじじ。
この日、おじじはお友達ができました。

危うく家族が増えるところだった

夜な夜な街を散歩します。

散歩は目的を持って歩いてはいけないそうですが、目的はのらネコ巡りです。

近所のごはん屋さんは、プロの野良がいます。

野良なのに、いつもいい香りがして、我が家に寄ってくれたからと言ってごはんをあげても食べません。

良いマグロが入ったから、良いところは猫さんへ、と言って人間よりも良いものを食べているからです。

お店のまえで座っていたりするので、そこへ挨拶へ行きます。

運がいいと居て、遊んでくれます。

最近見つけた猫スポットは、お寺のお墓です。挨拶へ行きます。

先日は、お寺の向いで黒い小さい子猫がミーミーかわいく鳴いていて、そばへ行くと逃げもせず、抱っこをすると膝の上で寝はじめました。

あわわわわわ。

どどどどうしよう。もう一匹増えるの?また泣いて頼むかしら。

それとも猫が欲しいといっていたOさんのところか、おじじに・・・。

どちらにしても、一緒に帰らないとね。ね!

大人しく抱っこされる黒い子猫。本当に小さい。明日朝一番で猫用お乳を買いに行こう。

少し歩くと顔がやたらと大きいオス猫がいた。大きなお屋敷の門の中でお乳を上げている母猫がいた。

門を出たはいいけれど、帰り道が分からなくなってしまったようだ。

子猫の冒険はリスキーだね。

そっと離すとヨチヨチ歩いて、母猫のところへ戻り、兄弟と乳を飲みはじめました。

ほっとするも、もうちょっと抱っこしていたかったな、というのはエゴですな。

家に帰って、うっかりもう一匹猫が増えるところだったと旦那さんに報告すると、

「まーもう、勘弁しとくれん」と言われました。

相談もなしに黙って増えても、我が家の猫さんたちだって、「産んだかしら?」と戸惑うか激怒するかも知れんでこれで良かったです。








上肢第一

今日は木曜日で道場はお休みです。燃えるゴミの日でもあります。

朝ゴミを出した帰りにふと、これから整体を学ぼうをしている人が偶然このブログを見つけて、その人が何かを掴むきっかけになったらいいなと思いました。

ある団体が(すぐに分かると思います)、整体法修得講座を開くにあたり、宣伝文を載せるわけです。「この講座に出てたった一回でプロになった人もいます」

私は内情を知っています。たった一回でプロになった人がいることは確かですが、直接お話しを聞いたところ、とてもとてもマネができない並々ならぬ努力をされているのです。

そして、その頃の講座の構成と、今の構成は違いがあります。

まずその方は、泊り歩ける7人の友人を確保しました。

講座で習ったことを、毎日違う相手で練習をさせて貰うのです。先生の言うことはもちろん、スタッフが言ったことも全てメモをしました。

習ったことはきっちりと復習し、回を重ねることで身に付け、新しいことを教わるということをしました。日々整体漬けです。

誰の家にも泊まれない日は、銭湯へ行き裸を見て観察したそうです!

そうした努力があったことは書かれていません。でもたった一回でプロになったのは確かです。

今せいじゅの家に整体を習いに来ている生徒さんも、その宣伝文句を見てたった一回受けただけでプロになろうと甘い夢を一瞬見られた方です。

同じ努力は今のところできていない様子です。私も無理です。

一回でプロになれるのならなりたいですよね、私も一回受けて独立しようと甘く考えて参加しました。

整体の型、手技、全て、鮮やか過ぎて、ただ圧倒されて一回では到底無理!と思ったことを覚えています。誰でも気付けることだと思います。甘かったな、と目が覚めるのです。

講座ではできるまでやりません。先生が見本を見せてくださり、隣り合った人と二人組になって1回練習。あとは自分で家に帰りお母さんなり、友人なりにモデルを見つけてひたすら練習を繰り返します。

講座ではこれから練習することを教わるのみです。あとは自分の努力次第です。

私は自他共に認める根性なしで努力なんて苦手です。ただ身に付けることに喜びがあり、愉しかったので、繰り返し型を練習しました。

見本を見る時、ある人は例えば上肢第一ですけれども、先生の手勝手を見、全体を見、肘や肩やもしくは足、といった風に感じ取るところが皆違います。

なんとなくこんな感じなんだな、と見て覚え、できる人は内感します。

丹田がきっちりしている。重心が下がって、肩の力、首の力が抜けている。全ての型においてそうなんですが。

いざやってみようとするとどうでしょう。まず上肢第一の処(場所)が分からない。肩に力が入り、気が上がりながら行ったら、受け手の腕にも力が入り上手くできません。

自分の肩に力が入っていることに気付かず、それにより受け手の腕に力が入っているのに、「腕の力を抜いてください」と相手に懸命に言っている人もいましたね。

処は片手で水をすくったときに、一番凹むところです。

そこへ親指を重ねて置きます。下の指には力を入れず、重ねた上の指で操作します。床方向に押さえ、受け手の中指に向かって引きます。

力を入れずに指を重ねるのですが、力を入れないこととただ触れていることは違います。よく勘違いされる方が多い点です。

しっかりとした手で包み込むようにはじしているのに、力ではない。そしてタナゴコロを上手く使う。

この時に、この手勝手のみに気を取られず、ご自分の丹田に気が降りて来ているか、頭に気が上がったままになっていないか、相手の腕の45度のところに座れているか、等々気を付ける点はたくさんあります。

一度講座を受けただけでは見えない、身に付けるのは難しいことですね。

旦那さんに教わった極意としましては、この時に足の裏で呼吸をすることです。

自然と氣が降ります。


上肢第一(前置き)

5回死んで返って来れたという人に「私も一度死にました」と伝えてみました。山口で講座が終わり、ハグをしてもらった時のことです。

「本当か?」と聞くので、「本当です」と答えると、「よし、どれ、見てやろう」といって、

一瞬、冷たい風がそっと吹いたような空気になり、ああこの人には嘘が付けないね見通されているねと感じました。

瞳孔が開いたような目をされるので、こちらの瞳孔もつられて開いているのを感じる。

「うん。本当だな、次はやるんじゃないよ」と優しく言われ、「はい」と言ったものの、そうそう滅多に行けるものでもない。

そうなる前の状況、仕事のストレスだったり(その頃はPCに囲まれた仕事をしていました)身体のケアのことを仰ってくださったのだと思います。

そして、ああ2回目は返って来られないという意味なのかも知れないなと思いました。

母の死を病院で迎え、人の最期がこんなんではいけないと思った。

整体の勉強をしましょうと門を叩いてから9年が経ちました。

最初は友人が習っていたという縁があって、「きらくかん」(今は名前が変わったと思います)というところで2年、感覚と愉氣を勉強しました。

スタッフ試験を受けて落ちたことで(人目もはばからずわんわん泣きながら帰りましたが)、道が広がり、氣道協会に辿り着きました。

受講生として講座を受けている時にスタッフを募集している、という話を聞き面接をして頂きました。

握手をして手首の柔らかさを確認された後、「整体の勉強は愉しい。存分に愉しんでくださいね」と言われ面接終了。

指導スタッフ研修生の生活がスタートするわけです。

きらくかんで2年。ここでは受講生が50人くらいいて私は一番の落ちこぼれでした。今思えば水が合わなかったのかも知れません。

氣道で何年勉強させて頂いたのか覚えがないのですが、来月から整体していいですよ、と言って頂いてから約5年と半年が経ちました。

下手でもわざわざ受けに来てくださる会員さん達の温かさを、有り難く感じ感謝の気持ちでいっぱいだったのを覚えています。

愛知に嫁入りをし、月に一度整体をさせて頂きに通いました。

何トンという炭が埋まっている、場のよい道場で凛とした空気の中、整体をさせて頂いたことは宝です。

今は新しいことをどんどん吸収し、野口整体とすり合わせている旦那さんとお稽古をするのですが、二人で発見したことが残らないと勿体ないという気持ちになりました。

そこで・・・つづく



04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

せいじゅ

Author:せいじゅ
愛知県岡崎市十王町2-10 最寄駅 名鉄「東岡崎」から徒歩10分 国一沿い 岡崎市役所隣 P有り 木曜定休

腰痛、肩こり、月経前症候群(PMS)、花粉症、身体が重い、なんとなくスッキリしないなど何でもご相談ください。赤ちゃんからお年寄りまで受けられるバキボキしない安全な整体です。産前産後の指導も行っております。(産後のみの整体はお断りいたします)

お電話にてご予約をお願いいたします。
0564-22-5113

<受付時間>9時から18時まで。(時間外のご予約もお気軽にご相談下さい。)
・整体 4千円 
・アイロン温法 4千円 
・穴追い 4千円
初診料なし

<健康教室>
毎週土曜日13時30分~15時30分
自動運動を中心に、セルフケアや季節の体操をお伝えします。
要予約 2千円


「氣道協会」関連教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR