小食と断食と

先日、一日断食をしてみました。

勿論、一日くらいでは心の成長に大きな変化はありませんが、食べ物をとても大事にするようになりました。

例えば今までお米を研いでいて、一粒か二粒飛んでも拾うことはありませんでしたが、今は拾います。

最後に残ってどうしてもカピカピになって食べられなくなったご飯粒が何粒かあると、ベランダに撒いて鳥さんに食べてもらいます。

昨日はジャガイモを細くスライサーでスライスしました。

スライサーに残ったジャガイモ。

今までだったらお水でささーッと流していただろうな、という量をかき集めて料理に使いました。

買い物へ行っても無駄に買い込むことがなく(今のところ)いつもの半分の金額で済みました。

お財布にも優しい。

整体をさせて頂く前は食事を抜くので、今までも多くて二食だったところを、完全に一食にし、その一食もさらに減らしています。

身体が餓えると勘が冴えるので、整体がしやすくなります。

しばらく小食と時々断食をしていくつもりです。

側腹が今までなかった柔らかさになってびっくりしました。

断食中は頭で余分なことを考える気力もなかったので、ずっとぼーっとしていて晴れた春の午後のようにとても穏やかでした。

頭が常に忙しくあれこれ考えても足りず人のことを心配するのも、エネルギーが余っているのだとつくづく感じました。

明日、断食明け初めて泊りの講座があり外食をするので、リハビリのためにスーパーの中にあるパン屋さんのパンをひとつ食べてみました。

一口食べて、頭が割れる程甘い。

二口食べて、うーんやっぱり薬臭い。色んな保存料とか。。。

今まで平気でこんなに薬臭いものを食べていたんだなぁと思いました。

断食の本に、断食するとお菓子など薬品臭く感じるよ、とは書いてありましたが本当でした。

また前準備、腹食などあり、やってみようかなと思われる方は、一日くらいなら大丈夫だと思いますが、やってはいけない人もいるし、前日に食べない方が良いもの、復食中口にしてはいけないものなどがあるので本などで勉強してから行うと不安やこんな時どうする?ということや希望などを持ちながらできるので良いと思います。

私は旦那さんが持っていた「断食の本」という本がとても役立ちました。

明日、せいじゅの家は平常通りやっています。アイロン療法と穴追いはお休みになります。





スポンサーサイト

健康マニアに健康な人なし

先日小林健先生の講座に出向き、「健康マニアに健康な人がいない」というお話をされていて思わず吹き出してしまいました。

間違った健康法で身体を害しているお身体を見ると本当に悲しくなります。

今のお身体にこの方法は合っていないですよ、とお伝えしてももう頭でガッチガチに「利くんだ」と自己洗脳が済んでいるのでなかなか伝わらないのです。

特に止めて頂くようお伝えしているのは、①ジムなど機械で身体を鍛える施設へ行かれること、筋トレ含む ②靴下を重ねて履くこと です。

両方手放して頂いた方もいました。みるみるお身体が変わって別人のように見えます。

靴下を重ねて履くと足の指と指の間に汗をかきます。それが冷えて害になります。

また寝る時に靴下を履くと万病を作り出す元となります。

どうしても履きたい。履かなきゃ死んじゃうという人は、指先を切って指先だけは出すようお伝えしています。

寝る時に靴下を履くと頭に上がった血圧が下へ降りなくなります。気が上がりっぱなしになるのです。

整体では上虚下実といってみぞおちが緩んでいて、丹田にぎゅっと力がある状態を目指しその状態であればどんな病の症状を抱えていてもそのお身体は大丈夫なんです。

靴下を重ねて履く冷え取り信者(と私は呼んでいます)の方は、決まって頭に気が上がりっぱなしで、丹田から力が抜けてしまっています。上虚下実の逆なんです。

もし行うとしたら死にかけた時の起死回生の時にして欲しいのです。立ち上がって普段の生活を送れる身体で合っている人を今まで見たことがありません。

身体は庇えば庇うほど弱くなります。

外からの熱は内からの熱を作ることをサボるようになるのです。

何かの予防のためなのかは知りませんが、かえってそれが病を作り出してしまうのではないかと思っています。

ジムでの運動がなぜして欲しくないかというと、筋肉は鍛えるのではなくしなやかであって欲しいのです。

特に腹筋は女子は鍛えるべきではありません。

筋肉を固くしてしまうと壊れやすくなります。可動域も狭くなります。

プロ野球の選手を見ていても「嗚呼、この選手はケガをするね」なんて旦那さんと言い合っていたりします。鍛えすぎて壊す。

現代人は力を入れることには慣れていますが、いざ抜いてください、というと抜いているつもりで全然全く抜けない人が多いのです。

腕をすっと持ち上げて、力を抜いてくださいね、と言ってから手を放すと、本当に力が抜けている腕は、たらんと紐のように垂れるのですが、

「力を抜いてくださいね」「はい」

といって、手を放しても手が浮いたまま残っている方がほとんどです。

猫は腹筋運動なんかしなくても、寝ているばかりに見えても、自分の身長の何倍もあるところをいとも簡単にぴょんと飛び乗ります。

昔の飛脚をしていた人も筋トレをしていた、という話は残っていません。きっとしていたら筋肉が固く重くもっと走れなかったでしょう。

鍛えるよりも、がちがちになった鎧のような筋肉をほぐす、とお伝えすると緩み切った筋肉を皆さん想像するようですが違うのです。

目指すは猫のようなしなやかな筋肉なんです。筋トレでは手に入りません。

オリンピックの選手も、その選ばれたプレッシャーからもっと強く=もっと鍛えるということをして失敗している選手がいるそうです。本当にもったいない話ですね。

ガチガチにこわばった筋肉を解き放ち、正しい位置に持って行く。しなやかな怪我のない筋肉を取り戻したい方は、

毎週土曜日 1:30~3:30 要予約 二千円 で教室を開いておりますので是非ご参加ください。

またご自分に合ったセルフケアを知りたい方は、ご予約時にお電話で身体の悩みをお伝えください。



予約と身体との向き合い方

整体のご予約は必ずお電話で、受けられるご本人からということでお願いしております。(小さなお子様を除きます)

当日のご予約は突発的な症状でお困りの時のみで、そちらに行くついでがあるから行きたいわ!というのは遠慮して頂いています。

時々二十歳を超えた息子さんが受けるのに、お母さんから電話がかかってきたり、旦那さんが受けるのに奥さんから電話を頂いたりしますが、話し方や声の感じから受け取る情報が多いので必ずご本人から頂きたいのです。

近くに住んでいる方でも「そちらの銀行に何時に行くので、ついでに整体でも受けよっかなと思って~」と電話があると、とてもガッカリしてしまいます。

また、自分の身体の声は後回し、次々と誰かのお世話をする予定が入って予約の時間がどんどん変わり遅れるなんて方もいました。あまり頻繁なのでお断りしました。

遠方から整体を受けるためだけに新幹線に乗って来てくださる方もいらっしゃいます。そういった方のお身体は変わるのが速いのです。

予約のお電話ひとつで、ああこの人は自分の身体を「ついで」にしかケアできない人なんだ、自分の身体よりも他人を大事にしている人なんだ、きっちりと大事にして向き合っていらしゃる方なんだ、というのが分かります。

「なかなか行けなくてごめんなさいね」と時々仰る方がいますが、私は首をかしげてしまいます。

ご自分のために受けるものであって、私達のためではないのです。

予約の取り方そのものが、その方のご自身のお身体との向き合い方と似ていてとても面白いと感じます。








小林健さんの講座に参加して来ました。

小林健さんはニューヨークで活躍されているスーパーヒーラーです。

鍼や漢方薬や様々なことをされていて、ニューヨークでは知らない人がいないくらい超有名人なんですが、日本ではまだ知らない方が多いですね。

まさに知る人ぞ知るなお方で、あんまり目立つと命が危ないのでしょう。

ガンが治るなんて言ったらすぐに殺されてしまいます。静かに消されてしまいます。特にアメリカでは。

現代医学の闇を知らない人が多過ぎる。

知らずに利用されて命もお金も取られてしまう。

講座を開けばすぐに埋まり、キャンセル待ちが何百人と出てしまいます。私も前回漏れた一人です。

今回はすぐに申し込み、参加することができました。

「量子波ヒーラー養成講座」

さて、講座に参加をし、どんなことを教わったかは文章で書き表し難いのですが、小食とファスティング(断食)を勧めていました。

小林先生は小食よりも少ない微食で夕食のみ、それも普通の人の一食の4分の一か5分の一ほどだそうです。

月に3回は断食をされるそうです。そうすると手の平から量子波なるものが出やすくなるとのことでした。

日本で小林健さんの量子波ヒーリングのヒーラー認定を受けた方はなんと4名ほど。

講座には沢山の人が参加していましたが、それだけ難しいようです。

またお金を払えば認定を受けられる「レイキ」などに本物は一人もいない、高額なスピリチュアルなんとかも偽物だらけとズバッと仰っていて気持ちが良かったです。

スピリチュアルなんて胡散臭いもの、私も大嫌いです(笑) 芦屋に一人本物が居て尊敬しています。

先生を見習って私も先週から微食よりも少し多い小食にしました。

朝はお茶かお水、昼は義母から貰った庭で採れたオレンジをひとつ。夜はお茶碗に3分の1くらいのごはんに納豆と、新玉ねぎを半分、あればレタスをドレッシングは使わずお醤油をかけて食べる(本当は小塩多酢で酢の方がいいそうです)

そして日曜の夜はほんの少しごはんを食べ、断食に入りました。

一日断食で、月曜は一日何も食べずお水がお湯くらいにし、火曜の朝断食明けを向かえました。

お腹が空いて困るようなことはなく、立ちくらみと血糖値が下がって冷や汗が少し出たのが辛かったです。

復食はおかゆから始め、ガツガツ食べてしまって失敗する人もいるそうですが、私は減食から始めたので食べられないくらいでした。

お茶碗に半分もないおかゆを食べるのも一苦労。途中で止めました。

マラソンを走り切ったような爽快な疲れを感じ、気持ちよく寝てしまいました。

食べるということも運動なんだと身体の負担を知り、今まで暴飲暴食をした時期や、薬品臭いアイスやスナック菓子を変な味がするなと思ってもその行為が楽しくてテレビを見ながらボリボリ食べていたことを反省しました。

講座の中で「自分らしく生きること」ということと、キウイは人間にとって吸収しやすいビタミンが入っている、ということを仰っていました。

薬なんてものはただの石油のお化けみたいなもんで病気は良くならないし、ガン検査でガンを作っている人がいる。酸性の身体にできるガンを酸性にするのは手術であり、抗がん剤はガンに利かない毒でしかない。

目を開いて何が起きているのは知ることはとても大事です。

来週は講座のステップ2があり、21日と22日嫁が不在です。この日のアイロン温法はお休みです。





生理中のセルフケアをきっちり行ったらこうなった

生理中と妊婦さんの身体はとてもよく似ています。

「産後の針仕事は目を潰す」という言葉があるのですよ、とお伝えすると「知らない」、「初めて聞いた」という人がほとんどです。

産まれたての赤ちゃんの写真を撮ってSNSに上げている人を見るとゾッとします。

かわいい赤ちゃんの記録や思い出はそっと心の中に。

そして写真が撮れるほど明るいところは産まれたての赤ちゃんにとってもお母さんにとっても刺激が強すぎる。

自然分娩の吉村医院のドキュメンタリー映画を観た時、他の病院では当たり前のようにするけれどここでは行わないということがありました。

体重を量ることでした。

記録よりも母のぬくもりを大事にする。素晴らしいなと思いました。

薄暗い部屋で産まれ、母の胸に抱かれる赤ちゃんの安らかな顔。

生理中は後頭骨が開いているので、普段よりもぽんやりします。

本来ならば目を使いたくなくなります。仕事だから病気じゃないから、目を使わなくてはいけない現代の暮らしは女性の身体にやさしくないようにできているようです。

使いたくないけれど、使ったらしっかりケアをしましょうということです。

目の温シップや、右のひじ湯。

生理期間中は足湯を行いました。

目を沢山使いすぎている時は、生理痛もキツイ。お腹も痛いわけじゃないけれど内臓が動いているようで気持ちが悪い。

できれば横になっていたい。そんな感じでした。

しっかりケアをすると、目の温湿布をしているとお腹が広がるような感じがしてすーっと楽になります。

足湯も気持ちが良い。

ダラダラ続いていた生理が4日で終わる。

終わったら卵巣行氣をし、骨盤が開き切って閉じる体操をしました。

骨盤がシャキンとして心地よく、昨日はやる気がないからと目をつむった掃除でしたが今日ははかどりました。

妊娠中にお仕事をされるのは緩み過ぎないという点ではとても良いことだと思います。

身体を大事にするあまりお手伝いさんを雇って掃除や洗濯をして貰うなんていうことがバブルの時にテレビで観ましたが、運動不足は産まれた後赤ちゃんに黄疸が出たりします。

適度に動かすのはとても良いことなのですが、目を使うお仕事は賛成できません。

妊婦さんが目を使いすぎたり細かい仕事をすると子宮の下の方、ちょうど赤ちゃんの頭があるところが冷えるので逆子になりやすいのです。

子宮の上の方が固くなり、子宮の下の方が緩んでしまうということがあります。下の方が冷え、上の方が固い。どこに身を置いていいのやら。赤ちゃんにとって居心地が良いとは言えません。

大事な妊娠期間中にお仕事が辞められない事情があるのであれば、赤ちゃんの居心地、安全な出産、快適な産後、辛くない更年期のためにしっかりとケアをして欲しいと願うのであります。





03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

QIせいじゅ

Author:QIせいじゅ
愛知県岡崎市十王町2-10
国一沿いP有り

整体(=個人指導と呼びます)4千円
整体をご希望の方は、ご予約をお願いいたします。
受付時間 9時から18時まで。
(時間外のご予約もお気軽にご相談下さい。)

<健康教室>を開いております。
毎週土曜日13時30分~15時30分
自動運動を中心に、セルフケアや季節の体操をお伝えします。
要予約 2千円
共に0564-22-5113

「氣道協会」関連教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR