禁糖13日目

2月に入ってから始めた禁糖。

腫れていたものは治まり、背中の痛みは消え、肌はすべすべに。

そして動かないでいるだけで、静かな瞑想が訪れる。

少しは、ボーっとはします。

食べ物の誘惑もあります。

想像の中の、今まで食べた美味しかった記憶と、実際口にした時のズレは、あるのだろうな、と思います。

きっと今、好きなクッキーを食べたら甘すぎるだろうし、薬臭く感じると思います。

味覚は大きく変わりました。臭覚も。

旦那さんは身体にいろいろと変動が出ました。

それが禁糖の好転反応なのか、たまたまそういった時期だったのか?は分かりません。

手が腫れ、足が痛くなり、膝にその痛みが移り・・・。

症状は出ますが経過も早い。

睡眠の質も、便も変わりました。快便です。

深く眠れます。朝はスッキリ目が覚めます。

昨日道場に来られた方からは、目が澄んでいて、片足をあの世に突っ込んだような目をしている、と表現して頂きました。

面白いですね。

禁糖明けは明日の夜にしようと決めました。

身体としてはもうとっくに、9日目か、10日目くらいには明けるサインが出ていたので(腹部第二で観察するそうです)、14日目の夜をもって明けることにしました。

旦那さんが明けたら食べたかったものは、パイナップル。私はいちご。大粒で甘いいちごを噛んでみたい。

五分つきのお米と、お味噌汁の毎日でしたが、流石に飽きて、昨日はお塩とお醤油で味付けをしたきのこ汁にしました。

世の中には食べたくても食べられない人がいる中で、贅沢なことです。

身体を変えるために禁糖をしました。

少々辛かったこの2週間を無駄にしないように・・・と思っております。



スポンサーサイト

只今、禁糖中

2月に入ったら禁糖をしようと、1月に入った頃から家族会議を重ね、甘い物を少しずつ減らし、食べる量も減らして備えました。

禁糖とは??は語れる程くわしくないので、ご興味のある方は調べてみてください。

呼んで字のごとく、糖を禁止するのですが、甘い物はもちろん、砂糖の入った物、卵、お肉、お魚、油、果物、コーヒー、刺激物、乳製品などを断ちます。

動物性たんぱく質と砂糖と刺激物ということです。

食パンにもしょっぱいおせんべいにも砂糖は入っています。

スーパーへ行っても、売られている物のほとんど食べれません。

五分つきのごはんと、混布だしの野菜たっぷりお味噌汁、という毎日です。

え?栄養のバランスは?何ておっしゃる方がいらっしゃいます。

飽食の時代、餓える方が難しいのです。そして食べ過ぎて身体のバランスを崩している方がほとんど。口の幸せは、身体の幸せではない方が多いのですね。

その中で、日々口にしているものを見つめ、餓えさせ、感性を研ぎ澄ませる。

そんな期間が一年に一度、たった2週間くらいあってもいいのではないかと思います。

身体は大きく変わります。

日々、お砂糖や動物性たんぱく質で肝臓が悲鳴を上げています。その臓器を休ませます。

最初の3日間は辛い、特に3日目は辛いけれど、それを過ぎれば楽、という噂の通り、3日間は身体が重く、頭もすっきりせず、ボーっとしたまま過ごし、眠く、必要最小限のことしかできませんでした。

初日は冷や汗と寝汗をかきました。砂糖の軽い禁断症状かと思われます。

3日目の朝は、気持ちが悪くて目が覚めました。

下痢と嘔吐です。血糖値が下がるとそうなるそうです。

それが過ぎたら、あとは嘘のようにケロッとして、身体は軽く動きやすく、目の焦点も合いやすい。

整体のご予約の合間に洗濯に、掃除。さくさく動けるようになりました。

ただ初日から、お腹が空いて困るようなことも、あれこれ食べたくて困る、ということはありませんでした。

普段から、整体の前は食べてしまうと感覚が鈍りできなくなってしまうので、ご予約のある日は食事を抜きます。

ご予約がたくさん入っている時は、一日夜のみ、一食です。

それでも食べ過ぎだそうです。

禁糖9日目。

身体は快適そのものです。

夕べは夢の中まで、甘いおまんじゅうと日本茶と、おせんべいを前に禁糖してました。

禁糖明けのサインが身体に出ても、2週間は続けたいと思っています。あと5日。

明けたら何を食べようか・・・。と思いますが、きっといつも食べていたお菓子などは薬品臭く感じて、そう美味しいと感じないかも知れないな、と思っています。

先日、整体教室で

先日、整体教室・入門編で背部操法、中腰の型をお伝えしました。

2時間の教室が終わるころ、

「中腰の型を取っている時、一瞬、静寂な氣が訪れた」と仰って、生徒さんが涙を流しておりました。

私は、それを見て、ああなんて美しい涙なんだ、と思いました。

貰い泣きする程、涙もろくはないようです。クール&ドライ。でも情熱はあるよ。

生徒さんの涙の理由は、言葉にしなくても分かります。

15歳の頃から野口整体の勉強をしたい、と切望しながら医学の道へ進まなくてはいけなかったこと。薬や医療が役立つことよりも、薬や医療の介入が身体をいじめている現場を沢山見てきたこと。

スパイのように潜入して、医療が人体に何をしているのかこの目で見る、という役目、茨の道を自ら進んでいらっしゃいました。仲間も理解者もおらず、孤独だったことでしょう。

行く行く目指す道で、役立つようにお伝えできればと思います。

その切望した、整体を習いたいという願いがようやく叶い、ほんの少しその世界が開かれ、指先に触れた。嬉しかったでしょうね。私もその場に居合わせることができて幸せでした。

例えば千切り

以前お世話になっていた整体道場で、「整体修得講座」が関西で開かれお手伝いをしていた時のことです。

受講生の中から、「分からない」という声が上がりました。

私はびっくりしました。

一度、二度見て、分かる、とか分からないとかいう世界ではないからです。

普段はお話しさえできない師匠が目の前で手本を見せてくれている、というだけでとんでもなく凄いことなのです。

それを見て分かるなんておこがましいのです。ましてや分からないといって苦情が来た。

その感覚の違いに驚きました。

例えば千切り。

キャベツの千切り。

普段お目にかかれないどこそかの料理長のゴリゴリのプロの方が、目の前でばばばばばば!と見事な包丁さばきを見せてくださったとして、

さぁ、やってみてください、と言ったところで、初めての人は一日でそこまでできないのは当たり前です。

それを、お稽古を積めば、毎日練習したら、できる日が来るかもしれません、という事を、目の当たりにして、有り難いと思えるか、は?分からないんですけど、お金払ったんですけど??という差、習う姿勢が問われているわけです。

あとは研鑽あるのみです。

分からない、と声を上げられた方は、習うという姿勢を問われその時点でふるいにかけられた、そう思いました。

せいじゅの家でも、整体教室を開いております。

数ある中でご縁があって、ここで習いたいと思って頂けるお気持ちはとてもありがたいのですが、健康教室に参加頂き、自動運動の誘導法ができることと、この人から習いたい、と思ったところで習って頂きたいという気持ちがあり、参加条件を設けております。

ひとつ、自動運動の誘導法ができること

ふたつ、せいじゅの家で整体を受けられたことのある方

を対象としております。どうぞよろしくお願いいたします。

冷えと乾き、今度こそ

冷えはお風呂で作られる、といっても過言ではありません。

まだ整体に出会わず、冬、水も飲まず、香水も化学物質なのに疑わずにふりかけ、キツイ痛い見た目だけの履きにくい靴を履き、目はアイラインやマスカラでコテコテで、

(そんな時期があったのですよ。今はノーメイクで町を歩き、目や口や鼻はもう機能していればいい、という程度です)

パソコン何台かに囲まれて、エアコンが入った職場で、働いていた頃、自分が冷え性だと疑いもなく思っていました。

冷えるから、お風呂に入る。ゆっくり浸かる。ぬるま湯の長湯。

しっかり温まって、うっかりテレビなんか見てると冷えて来る。

一度冷えるとお布団に入ってもなかなか温まらない。寝つきが悪い。ようやく温まったころ、あ、トイレに行きたい。

トイレに行きたいが、寒いのやだな。あっという間に貴重な睡眠時間がどんどん削られる。

トイレに行ってまた冷える。(実家埼玉は寒かった)温まるまで今少しの辛抱・・・。

だから翌日もお風呂は長風呂。

それ、逆効果だったと知った時、そしてお風呂の入り方を変えただけで解決し、冷え性じゃなかったということに気付いた時は衝撃でした。

<冷えを作らないお風呂の入り方>

・一回の入浴で湯船に入るのは一回。
・身体や髪を洗ってから、湯船に入る。
・入る時間は、なんと2分以内。身体が温まりかけたらパッと湯船から出る。温まり切らない。

たったこれだけ。このポイントだけ。

日によって1分43秒の時もあり、2分ぎりぎりの時もある。

そして3分以上は十分長湯です。

長湯をしてしまうと、身体が温まり切ってしまうので、後は冷える一方です。

温まり切る手前でパッと出ると、保温状態が続きます。

冷えで苦しむ方にこの方法をお伝えすると、「冷えは確かに感じない、でもなんか寂しい」とおっしゃっていました。

お風呂で長湯をするのは脳溢血や脳梗塞を作る原因になります。女性はシワが増えます。

伸びきって緩み、それが縮むのでアコーディオンのようにシワになるのです。

お風呂でゆっくりすることができなくなると寂しい気持ちは分かります。

そんな時は、是非、お風呂から出て、身体が落ち着いたら足湯をしてみる。そこで6分+2分、ゆっくりしてみると置き換えになります。


さて水、9月の秋分の日から、春分の日まではしっかりお水を飲む時期です。

空気が乾燥し、身体の水分が蒸発してしまうからです。主に目や唇やそういった潤っているところからの蒸発が激しい。

唇が乾燥で割れているような人は、身体がミイラのように乾いています。

咳の風邪になると長引きます。そして薬で止めると、薬でしか咳が止まらない身体になってしまいます。

身体が乾いたところに風邪を引くと、鼻水も濃くなっているので出にくい。痰も絡む。

水の飲み方は、ちびちびとおちょこで飲むように。なめるように半口づつ飲みます。1.5リットルくらいは飲んで欲しい。

そして、コーヒーやお茶など水以外のものを飲んだら、その2倍の水を一緒に摂ってください。干からびます。

お茶の先生だから、お茶しか飲まない、という人がいる、ということを人づてに聞いたことがあります。

認知症で周りの方が困っているそうです。

認知症も長年かけた脱水症状という説もあります。

確かに、表情が乏しい、物忘れが激しい、免許を更新できなかったという年齢の方は、水を飲まない人が多い。

そして、プールの水に氷が張らなくても、水たまりに氷が張るように、身体が潤っていると冷えの影響を受けにくいのです。

お正月過ぎたら氷水の方が良く吸収します。半口づつ、口の中で転がすように飲むのですが、絶対にそれで冷えることはありません。

飲んでみると、冷えないことも美味しいことも良く分かります。





01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

せいじゅ

Author:せいじゅ
愛知県岡崎市十王町2-10 最寄駅 名鉄「東岡崎」から徒歩10分 国一沿い 岡崎市役所隣 P有り 木曜定休

腰痛、肩こり、月経前症候群(PMS)、花粉症、身体が重い、なんとなくスッキリしないなど何でもご相談ください。赤ちゃんからお年寄りまで受けられるバキボキしない安全な整体です。産前産後の指導も行っております。(産後のみの整体はお断りいたします)

お電話にてご予約をお願いいたします。
0564-22-5113

<受付時間>9時から18時まで。(時間外のご予約もお気軽にご相談下さい。)
・整体 4千円 
・アイロン温法 4千円 
・穴追い 4千円
初診料なし

<健康教室>
毎週土曜日13時30分~15時30分
自動運動を中心に、セルフケアや季節の体操をお伝えします。
要予約 2千円


「氣道協会」関連教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR